明石市 大久保町 整体 きくの鍼灸整体院には、明石市大久保町駅前をはじめ、明石市大久保町江井島、明石市大久保町高丘、明石市大久保町谷八木からも患者様がいらっしゃっています。

明石市 大久保町 腰痛 肩こり 膝痛 耳つぼダイエット セルライト除去 きくの鍼灸整体院 スタッフブログ

2018年8月17日
体の感覚に鈍感な人は要注意

こんにちは~!

 

以前より日が短くなってきているのが若干寂しい院長菊野です。

 

私にとって秋は少しさみしい季節なんです。

 

 

夏の活気が落ち着く良い季節でもありますが、もっと夏でも良かったなんて思ってしまいます。

 

 

さて今日は感覚のお話をします。

 

 

あなたは自分の感覚に自信がありますか?

 

 

ま~何をもって感覚かという事も難しいのですが・・・・

 

 

私達の整体では感覚を大事にしています。

 

 

それは患者さんの身体を読む、理解する上ですごく重要です。

 

 

どのあたりの筋肉に刺激がいっているのか?

 

 

動かした時に患者さんに負担はかかっていないのか?などです。

 

 

 

これらの感覚は非常に重要です。

 

そして患者さん自身にも大事な感覚があります。

 

 

それは自分の体が今どうなっているかということを理解する感覚です。

 

 

人に肩をさわられるとよく凝ってますね~言われたけど自分では分からないという方は要注意かもしれませんよ。 

 

 

ま~ストレスが少ないタイプの人にもその傾向はあるのである意味良い事でもあるかもしれません。

 

 

でも疲れ切った方に多いのが感覚の鈍麻です。

 

 

 

体も疲れはじめの時にはしんどいよ~と教えてくれるのですが無視し続けると疲れている事を教えてくれなくなります。

 

 

体の信号無視とでもいいましょうか。

 

 

そんな感じです。

 

 

それによって起こるのは症状の重症化です。

 

 

とくに当院で扱うことのおおい自律神経症状をお持ちの方はこの傾向です。

 

 

 

頑張る人の方が鬱になるなんて聞いたことがある方もおおいとおもいますがそれも言いかえれば我慢のしすぎですね。

 

 

 

整体をしていくと患者さんによく言われる事があります。

 

 

それは最近自分で姿勢が崩れてくるのが良くわかる~という言葉です。

 

 

これは今までは崩れてきても気が付かなかった感覚が正常になってきたからです。

 

 

 

体の感覚が正常になると早い段階で手を打てるようになるので重症化しにくくなります。

 

 

さらにいえば自律神経を一度崩しても、再発しにくくなります。

 

逆を言えばちゃんと体の感覚を正常にしていなければ何度でも自律神経を崩してしまうことになるのです。

 

 

 

感覚=体に付いているセンサーと考えてみてください。

 

 

 

最近の機械はたくさんのセンサーが付いています。

 

 

例えば車なんかもその一つです。

 

 

エンジンの故障、ガソリンの量 水温の上昇 オイルの減少など 車が認識して異常が得れば通知してくれる車がほとんどになりました。

 

 

 

この通知がもし壊れたらどうでしょうか?

 

 

私も経験があるのですがガソリンのメーターが壊れて今どれぐらいガソリンが入っているかわからなくなったことがあります。

 

 

非常に怖かったです。

 

 

今どれぐらい入っているのか? あとどれぐらい走れるのか?

 

それがわからないということはダメですね。

 

 

それが体にも起こっていたりします。

 

 

今どの部分が疲れているのか?

 

 

痛みはどこにあるのか?

 

 

 

寝不足なのか?

 

 

コリはどこにあるのか?

 

 

そもそも体調がいいのかわるいのか?などです。

 

 

これらを分かっていない方が実は多いのが現状です。

 

 

車で言えば事故をしてからでは遅いのです。

 

 

体でいえば病気になってしまってからでは遅いのです。

 

 

予防にまさる治療はありません。

 

 

体のことを理解するのに自分では分からないことがたくさんあります。

 

 

こんな仕事をしている私も気が付かない時に知り合いの先生に体を診てもらって気が付くこともたくさんあります。

 

 

なんか自分の体調がおかしいのはわかるけどどこを治していいのか分からない。

 

 

そんな方こそ整体を受けてみてください。

 

受ける前に客観的にしっかりと体をみさせていただきます。

 

 

もちろんどのようになっているかも患者さん自身も確認できるように説明させていただきます。

 

 

夏の疲れを秋に持ち越さないためにも元気な体を維持するために感覚を正常にしていきましょう。

 

 

ではでは今日はこの辺で~~

 

 

今週末は研修に行く院長 菊野

 

私も崩れていないか診てもらってきます(^^) 

 

 

 

 

 

 

2018年8月 6日
夏のだるさ 整体で改善

こんにちは~!

 

昨日は大阪まで研修にいっていた院長 菊野です。

 

 

明石も暑いですが大阪はその比じゃないです。

 

 

あの町は暑すぎです。

 

 

帰りの車に乗り込んだのが14時過ぎですが車内の温度は異常に暑く外気温は41℃になっていました。

 

 

多分天気予報で出ている気温は測定する条件と場所が決まっていてそれをもとに予想気温をだしているのでしょう。

 

 

大阪の街中ではその予想は通用しません。

 

 

ホント街中に行く人は要注意ですね。

 

 

さてそんな暑い暑い夏ですが体調不良の方が大勢おられます。

 

 

その症状の多くは冷えから来ています。

 

 

暑いのに冷え

 

 

真逆ですが実際は冷えです。

 

 

エアコン 扇風機  冷たい食べ物 飲み物

 

 

これでやられています。

 

 

実は私自身も今朝気が付きました。

 

 

やられていたことに。

 

 

 

と言うのも今朝の体調が最近では考えられないぐらいに良いのです。

 

 

体のだるさが違います。

 

 

その理由は昨日の研修で整体を受けたおかげです。

 

 

間違いないです。

 

 

睡眠も自分が悪いのですが昨日寝たのは1時過ぎ

 

 

5時間程度しか寝ていません。

 

 

なのに元気がすごいんです。

 

 

やっぱり整体っていいな~と再確認しました。

 

 

研修に行くと自分自身の技を磨くために色々な先生に技をかけて磨いていきます。

 

 

もちろん自分がする側だけではなく受ける側に回ることもたたります。

 

 

その時に調整されることで自分の疲れをとれる体に治してもらうのです。

 

 

この夏私自身も寝る前は自分でストレッチをしたりしながら体を調整するようには心がけて冷えに対する対策もこうじています。

 

 

それでもやっぱり理学整体を超えることは出来なかったです。

 

 

自分で施術しておいてなんですが

 

 

 

「そりゃこの整体してたら患者さんくるよな~」と思ってしまいました。

 

 

私の場合自分の調子が良いと仕事がやりやすいです。

 

 

もちろん機嫌もいいです。

 

 

夏のだるさは冷えから来ています。

 

 

冷えを取るためには筋肉のこわばりをとることや血流改善は必須です。

 

 

 

そんなことは理学整体の真骨頂ですのでお茶のこさいさいです。

 

 

夏は熱中症と反対ではありますが冷えに要注意です。

 

 

 だる体で家事、育児、仕事をするのか

 

 

 

それとも楽な体でするのか

 

 

全然違います。

 

 

 

夏のだるさ、疲れ整体でぶっ飛ばしましょう。

 

 

今週の金曜日から当院もお盆の休診に入ります。

 

 

なので今週は  月 火 木の3日の診療になっています。

 

 

連休前後は埋まりやすくなっていますのでお早めにご連絡下さいませ(^^)

 

 0120-355-378

 

 

 

 ではでは 今日はこの辺で~

 

週一回ぐらい知り合いの先生のところで調整してもらおうかな~と思っている院長 菊野

 

それぐらい体が調子が良いと違います。

 

 

 

 

 

2018年8月 3日
股関節の痛みの治療

こんにちは~!

 

暑い夏を満喫しきれていない院長 菊野です。

 

暑すぎてなかなか外に出る勇気が持てません。

 

来週にはお盆休みもひかえていてそこでゴルフなんかもいこうと思っているのにこの運動不足では熱中症が心配です。

 

 

熱に強い体づくりをしないといけません。

 

 

さて今日は自律神経のお話ではなく私の得意分野の一つでもある股関節の痛みについてです。

 

 

最近結構な比率で股関節の痛みを訴えて来院される方がおられます。

 

 

新規で来られる方は腰痛と同じぐらいの比率かもしれません。

 

 

股関節の痛みはまた腰痛と違った感じでこれまた激痛な場合が多いです。

 

 

ここでも力を発揮するのが理学整体です。

 

 

股関節に関係する筋肉そしてそれ以外の筋肉のバランスを整えるのことで随分と楽になります。

 

 

ひどくなってくると人工関節に手術しないといけないと言われる方もすくなくありませんし、実際に当院に来られる前にもう手術をされている方もおられます。

 

 

 

手術をしてもなにかしろの不具合を感じるようです。

 

 

 

できればお医者さんも手術をしたいわけではないはずです。

 

 

 

整体はそういった状況にならないための治療、そして予防に力を発揮します。

 

 

なんか違和感を感じるぐらいなら早く治ります。

 

 

無理せず早めに来るようにしてくださいね。

 

 

ではでは今日はこの辺で~~

 

 

今週末は大阪で研修の院長菊野

 

 

あの街は明石より暑そうだな~~

 

 

 

 

 

2018年7月30日
夏の腰痛

こんにちは~!

 

昨日は娘とバッティングセンターに行ってきた院長 菊野です。

 

約一カ月ぶりに行きましたが前回よりも少し僕も当たるようになってほっとしました。

 

前回はあまりにも当たらなさ過ぎて恥ずかしかったので・・・

 

 

 

さて今日は夏の腰痛についてです。

 

 

最近来られる患者さんで腰痛が増えています。

 

 

最近こられる患者さんにはほぼ言っているのですが夏は腰痛になりやすいので要注意です。

 

 

夏の腰痛は夏バテとも共通の要因があります。

 

 

 

それは~

 

 

もちろん

 

 

冷えです!!

 

 

確実にこれです!!

 

 

夏は温かいので筋肉的には緩んであんまり硬くなり難い季節にも関わらずなるのは冷えのせいです。

 

 

 

メカニズム的には

 

 

暑いから冷たい物を飲む エアコンの冷え 扇風機の風を受ける

 

 

胃腸が冷える   エアコンなどで冷えた風を受け筋肉が硬くなる 血行が悪くなる

 

 

胃腸の冷えから自律神経を介して運動神経に緊張が伝わり 腰や背中の筋肉がこわばる

 

 

こわばった筋肉で動くことで痛める

 

 

 

こんな流れです。

 

 

夏バテの場合はこの胃腸の冷えから栄養の吸収が悪くなり体力が損なわれるということです。

 

 

なので夏こそ冷えに注意が必要です。

 

 

テレビをみれば熱中症対策ばかりです。

 

 

もちろん屋外ではそれが大切です。

 

 

でも熱中症の何倍もの数の人が冷やし過ぎて体調を崩しています。

 

 

夏こそ内臓を温めることを意識して下さい。

 

 

特に事務的な仕事で室内が主な方は是非体を温めてください。

 

 

女性と男性では体温を作る力が違います。

 

 

男性主体の職場の方は女性が冷え過ぎる傾向にあります。

 

 

 

対策としては

 

 

お風呂にはしっかりつかる   汗をかくのを嫌がる方が多いですが、汗もかける体にすることも大事です。

 

 

 

温かいものを食べる

室内はエアコンもきいている場合が多いと思います。室内では温かいものを食べて下さい。

 

 

 

朝晩の白湯

 

私は起きてすぐ、寝る前は白湯を飲んで胃腸を温めてから寝るようにしています。

 

 

足首を冷やさない

 

特に足のだるさを感じる方は是非足首を冷やさないようにしてください。

 

女性であれば特にですが寝る時に足首だけ薄手のレッグウォーマーをして寝てみてください。

朝のむくみの引きとだるさが全然違いますよ!

 

 

これだけの対策をすれば夏も怖くありません。

 

 

もちろん腰痛にもなりにくいです。

 

それでもなった早く治療に来るようにしてください。

 

 

そうすればばっちりスッキリした体になりますよ~~

 

 

ではでは今日はこの辺で~~

 

 

スポーツジムに通いたいな~と思いだしている院長 菊野

 

時間を言い訳にする自分を卒業しなければ・・・・ 

 

2018年7月24日
自律神経失調症でもパターンがあります。

こんにちは~!


 

暑いのは嫌いだけど夏は好きな院長 菊野です。

 

夏の方がなんか活気があっていいな~と思うのですがやっぱり最近の暑さは異常ですね。

 

 

さて今回の内容は自律神経のパターンについてです。

 

 

最近では初めて御来院される患者さんの半分ぐらいは自律神経系の症状をお持ちの方になりました。

 

 

自律神経を専門的に扱うようになって数年で急激な増加だと言えます。

 

 

地域で一番自律神経が治る治療院になるでしょう。  ⇐ 今でもなっている自負しています。

 

 

 

そういう意味で言えば症例数は大事だと思っています。

 

 

治療件数が増えれば増えるほど私達の経験数も増えるので治療の効果も上がりやすいです。

 

 

 

と言うのも自律神経にはいくつかのパターンがあるということです。

 

 

 

これは腰痛でも言えることですが全員が同じパターンのことはありません。

 

 

自律神経系でいえば交感神経優位型と副交感神経優位型があります。

 

 

例えば睡眠のトラブルでも寝れないもあれば起きれないもあります。

 

 

 

同じような部分もありますが交感神経から副交感神経に切り替わらない

 

 

その反対に副交感神経から交感神経に切り替わらない

 

 

 

これは東洋医学的に診れば陰陽とか虚実と言い変えることができるかもしれませんね。

 

 

このタイプをちゃんと理解して治療をしていくというのはすごく大事なことです。

 

 

じゃ~よく自律神経を扱う病院でそういった区別をして治療をしてくれるかと言えばそうではなく今ある症状を抑えるということにフォーカスされてしまうでしょう。

 

 

もちろんそれは大事で今ある症状を改善したくて患者さんは治療をします。

 

 

しかし、症状が出る体を治さなければ症状だけ抑えても何の解決にもなりません。

 

 

自律神経失調症はバランスをとりもどさなければいけません。

 

 

薬で治療をしているけどなかなか改善しなくて何年も薬を飲んでいるという方も多いです。

 

 

そのループから抜け出す方法はちゃんとあります。

 

 

当院ではそのループを抜け出すための自律神経失調症に対する治療があります。

 

 

夏も自律神経に負担がある季節です。

 


 治療をして元気な体を手に入れましょう。

 

 

 ではでは今日はこの辺で

 

 

夏でも腹巻している院長菊野

 

お風呂もしっかりつかって疲れを取るようにしています。

 

是非シャワーだけの方もお風呂にしっかりつかってくださいね。 

 

 

 

 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  | All pages
簡単ネット予約
患者様の声
自律神経に関する豆知識
症状別メニュー

治療について

写真:腰痛 肩こり 膝痛 耳つぼダイエット セルライト除去 明石市 大久保 きくの鍼灸整体院
〒674-0058
兵庫県明石市大久保町駅前2丁目5-2
ウィステリア弐番館103号
TEL:0120-355-378

患者様がお住まいの主なエリア

明石市大久保町大窪、明石市大久保町江井島、明石市大久保町高丘、明石市大久保町谷八木、明石市大久保町西島、明石市大久保町西脇、明石市大久保町福田、明石市大久保町松陰、明石市大久保町松陰新田、明石市大久保町緑が丘、明石市大久保町森田、明石市大久保町八木、明石市大久保町山手台、明石市大久保町ゆりのき通、明石市大久保町わかば、明石市魚住町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。

明石ダイエットサポート倶楽部