明石市 大久保町 整体 きくの鍼灸整体院には、明石市大久保町駅前をはじめ、明石市大久保町江井島、明石市大久保町高丘、明石市大久保町谷八木からも患者様がいらっしゃっています。

明石市 大久保町 腰痛 肩こり 膝痛 耳つぼダイエット セルライト除去 きくの鍼灸整体院 スタッフブログ

2018年12月 4日
スポーツと脳

こんにちは~!


12月に入り何がというわけではないですがせわしない院長菊野です。


気が付けば12月今年の目標も忘れて行動している自分を反省して来年に向けての計画を立てています。



2019年は挑戦の年になるはず!!



さて先日の30日金曜日に明石まで講演を聞きに行ってきました。


タイトルは


『スポーツと脳』



講演者は 脳科学者の 茂木健一郎さんと元オリンピック 短距離の朝原宣治さんです。



個人的に脳の事とスポーツのことは治療の分野でも何か関係する事があるのではないかと興味があったので少し診療時間を短縮させてもらって聞いてきました。


IMG_8183.jpg

 

講演中は写真NGなのでこんなのしか撮れませんでした。

 

 

 

内容はとても面白く、特に茂木先生の講演は思っていた以上に身振り手振りを使っての内容で飽きさせず講演者としての技術も高かったです。




脳は新しい事に挑戦するとドーパミンという神経物質がでて若々しさを保つとともに元気になるとおっしゃられていました。私も来年は挑戦の年にしようとその時考えました。





朝原さんの講演では筋肉の必要性と走るにも姿勢が力を上手く伝えるのに大事というお話を聞いて整体師としてはやはり姿勢の大切さを再確認いたしました。




私もお二人の講演を聞いてエネルギーをもらいました。




個人的には賢いとかスポーツができるという能力よりもお二人は人をやる気にさせる能力が高いと感じました。




講演者にとってもしかしたらそれが一番必要な能力なのかもしれませんね。




私自身も患者さんにの苦痛を取り除く事も大事にしていますがやはり元気になる事が大事だと思っているので患者さんの脳内からドーパミンがでるような治療を出来るように精進します。




ではでは今日はこの辺で



今日は暖かかったですが週末は寒くなるらしいのでお互い体調には気をつけましょう(^O^)/


週末は名古屋に研修に行く院長 菊野



忘年会もあるので手羽先が食べられるかも(^^)v

 

 

 

2018年11月30日
芸能人のパニック障害について

こんにちは~!

 

久々に更新の院長菊野です。

 

ありがたい事に忙しくさせていただいています。

 

最近は1歳3ヶ月の下の子も元気に歩き回るようになりその後をこけないかついていくのに中腰で私の腰がやられそうになるのを気をつけながら生活しています。

 

 

うちは2人姉妹なのですが生まれたころは似ていたように思うのですが最近はあんまり似ていないような気もします。

 

ちなみにこんな感じ


IMG_8159.jpg


あんまり似ていないですか?



でも小さい時の写真は似ている部分もあったりでどんな感じになるか将来が楽しみです。



さて今日は最近良く耳にするパニック障害という症状についてのお話をさせていただきます。




最近ジャニーズの方が次々にパニック障害を公表して治療に専念するという記事を目にしました。



そもそもパニック障害とはどのような病気かご存知ですか?



症状としては



急に発作的に動悸、呼吸がしにくくなったり(過呼吸)強烈な不安、発汗(冷や汗)が出たりする症状で死にそうなぐらいの恐怖を感じる方もおられます。



きっかけにもよりますが電車や人ごみ、車の運転ができなくなったり特定の日がてな場所ができてしまう方もおられます。




原因は脳内の神経伝達物質のバランス異常という事が一番最有力ですが不明とされている部分もあります。



100人に1人とか5人とか説は様々ですが私個人の感覚では5人ぐらいの割合だと思います。



当院では自律神経整体として自律神経失調症の方の治療を専門的に行っているのも理由だと思いますがパニック障害の患者さんが来院される確率は5%以上です。



当院の場合は患者さんの中でということなので多く感じますが一般的にみても増えていると言えると思います。




パニック障害も治療できます。




先ほどお話しましたがパニック障害も治療する事が可能です。



基本的にはパニック障害も大きいくくりでみれば自律神経失調症です。




症状としては自律神経支配のところに主に出ます。



自律神経支配とは自分でコントロールできないところの事です。



例えば心臓  動悸


動かそうと思っても動かせない  早くする事も意識では出来ない


汗    冷や汗


出そうと思っても止めようと思っても出来ない



唯一できるのが呼吸    過呼吸  過換気症候群


呼吸は無意識と意識とのダブル支配なのでなんとかコントロールできるけど、パニック時にはコントロールしづらくなります。



脳内の神経伝達物質のノルアドレナリンの分泌異常というような話なのですがノルアドレナリンは交感神経の影響を受けやすい。



簡単に言えばストレス時に出やすい!



イライラしやすい人は要注意!!



このノルアドレナリンの制御に関与しているセロトニンという物質の分泌が悪いと良くないとも言われています。



なのでストレスが長くかかるとか



睡眠不足になるとか



疲労が溜まっているとかが原因で発症しやすくなります。


芸能人になる人が多いのはそのせいでしょう。

 

彼らは忙しいのにプラスして人前に立つプレッシャーもかかります。

 

ミスをしてはいけないなんて考えるタイプは特になりやすい。



もちろん遺伝子的になりやすい家系なんかもあると思います。




性格が起因する場合も多いにあります。




なので原因は一つではありませんがいくつかの要因が重なると発症合うる場合があります。




そしてパニック障害をあなどってはいけない理由があります。



それは悪化するとうつになってしまう場合があります。




パニック障害を経験した方の50%ちかくが人生のうちにうつに移行すると言われています。



なのでパニック障害は早い段階で適切な治療と適切な休養をもうけて治さないと余計に大変になってしまう場合があります。




心療内科での薬物療法ももちろん有効ですが、それだけでなかなか改善しない方も多くおられます。

 

是非体の外から治療する自律神経整体があることを頭に入れておいてください。



外から身体を治すことでパニック発作を起こし難くすることが可能です。



さらにパニックが起きそうな時の対策などもしっかりあります。




実際に当院でも車に乗れない、電車に乗れないなどの症状があった方もどんどん克服していっておられます。



パニック障害は人生の幅を狭めてしまうような症状が出てきます。



でも克服すればまた元通りの生活に戻る事ができます。



それを手伝えるように私も技術と知識を身につけております。



お困りでしたら是非治療にお越しください。



0120-355-378



ではでは今日はこの辺で



パニック障害についても今作成中の自律神経専門サイトにかく予定にしていますのでまた出来た際はそれをご覧ください。

 

 

 

 

 

2018年11月16日
自律神経専門整体ホームページ

こんにちは~!

 

寝冷えした院長菊野です。

 

おかげで鼻水が止まりませんでしたがお昼にお灸をしてかなり改善しました。

 

 

さて本日のお題は自律神経専門整体サイトのお話です。

 

 

実は今頭をフル活用そして業者さんの力を借りて新しいホームページを作成中です。

 

 

今あるのにプラスして自律神経失調症の専門サイトを立ち上げようとしています。

 

 

今までのサイトでも色々と自律神経の事については書いてきましたが、どうしても専門的なことをかこうと思った場合に若干情報量が少なくなってしまっていたのでより詳しく分かりやすいようにサイトを別物に使用と思い作っています。

 

 

今週の月曜日は午前の診療をお休みにさせていただき、ホームページ用の写真撮影をさせてもらいました。

 

今回はプロのカメラマンさんの力を借りての撮影です。

 

 

少しぐらいは男前や美人に映っていると良いな~なんて期待しています(笑)

 

 

企画してなかなか時間がかかっていますが出来る限り早くアップ出来るように私空いた時間を使って記事を作っていきます。

 

 

来年のはじめには完成するようていです。

 

 

 

患者さんが楽しみにするようなものではないですが、今自律神経のトラブルで困っている人の手助けになればと思っています。

 

 

 

ではでは今日はこの辺で~~

 

 

今週末は上の娘とまたお出掛けでもしようかと考え中の院長 菊野

 

 

二人の時間が結構最近は大事な時間になっています(^^) 

2018年11月 2日
自律神経失調症を薬以外でアプローチする

こんにちは~!

 

明日は娘の音楽会に行く院長 菊野です。

 

私は文化的な事より運動系という人間だったので学生のころから音楽界は無難におわってくれればいいな~ぐらいですごしていました。

 

 

うちの娘は結構楽しみにしているみたいで見に来てね~なんて言ってきます。

 

 

 

私は親に見に来てもらいたいと思ったことは一度もありません。

 

 

親が嫌いだったわけではないですがなんか恥ずかしいという気持ちが大きかったように思います。

 

今でもそうですが照れ屋の引っ込み思案が私の元々です。

 

娘の学年の小学二年生は

 

 

ひょっこりひょうたん島とせかいじゅうかいじゅう というのをするみたいです。

 

ひょうたん島は私のころから有名でしたが、せかいじゅうかいじゅう ってなに?

 

 

 

私も全く分かりません。

 

でもまじでそうだったら怖いよな~なんて娘と話しています。

 

 

またどんな感じだったか明日聞いてきます。

 

 

 

さて今日は自律神経失調症のお話

 

 

自律神経失調症になったらまずどんな治療をしますか?

 

 

なった事がない人はさっぱり分からないですよね?

 

 

 だいたいの流れはまず起こった症状に関係のある科の病院に行きます。

 

 

 

動悸  → 循環器内科

 

呼吸しづらい 過呼吸  → 呼吸器内科

 

 

胃腸が調子悪い   →胃腸科

 

めまい 耳鳴り  → 耳鼻科

 

 

不眠  → 内科

 

 

 

ざっとこんな感じかと思います。

 

 

そしてそれらの科でなかなか改善が見られない場合 心療内科に紹介されるもしくは自己判断で行くということになるともいます。

 

 

なかには  私が心療内科に行くなんて! あれは心が弱い人や病んだ人がいくとこだから抵抗があるという認識をもっている方もおわれるかもしれませんが、今はそいう時代ではありません。

 

 

精神科と呼ばれていた時代と比べてハードルが下がったんだと思います。

 

 

そのせいか通われているかたの多い事多い事!!

 

 

それで改善すればいいのですがなかなかな方も多いのが現状です。

 

 

心療内科では主に投薬による治療が施されるはずです。

 

 

それだけではなかなか改善しません。

 

それは体の異常が改善していないからです。

 

 

 

自律神経失調症=心

 

 

という認識がそうさせているのでしょう。

 

 

自律神経失調症=体の異常+心理的要因

 

と言うのが正解だと思います。

 

 

確かに薬を飲めば脳内に作用するので変化を感じることは出来るでしょう!

 

 

でもそれで改善と言えるでしょうか?

 

 

薬を飲んだ結果将来飲まなくて良くなるのが改善だと私は思いますが結局ずっと飲んでしまっている方が多いのをなんとかしたいです。

 

 

体が変われば自律神経も変わります。

 

 

自律神経が改善すれば

 

 

さきほど書いた

 

 

動悸 めまい 耳鳴り 不眠 胃腸の不調 も変わります。

 

 

当院では薬を服用されながら整体治療を受けている方も多いです。

 

 

私の方針としては薬を服用しながれでもいいのでまずは今の体と心にかかる負担を減らす!

 

 

その間に体を元気にすることで結果として最終的には薬を飲まないでいいようになるというのを目指しています。

 

 

薬を飲む飲まない 減らすなどはもちろんながら心療内科の先生の意見と患者さんの判断で決めることですので私は飲んで下さいとかやめましょうということは立場上言いません。

 

 

でも減らしていく もしくは飲まなくていいような体を作るということは出来るのでそこに全力を注いでいます。

 

 

自律神経は薬だけでアプローチするのではなく体からアプローチする手段があることを知って下さい。

 

 

ではでは今日はこの辺で~~

 

 

最近朝晩が冷え込んできていて羽毛布団が大活躍な院長 菊野

 

あれ開発した人すごいですね! 

 

 

 

 

 

2018年10月30日
セロトニン分泌で自律神経の改善

こんにちは~!

 

日曜日に久々に娘と釣りに行ってきた院長 菊野です。

 

私は久々にそして娘は初めての釣りです。

 

 

たまには父親らしい事もしないとな~と思い二人で行ってきました。

 

 

まずは垂水

 

 

 

小さい鯛がつれました。

 

 

それから祖母の住んでいた淡路の家の近くの波戸に行ってきました。 

 

 

娘の思いでの写真になることを祈ってパシャリっ!! 

 

 

 淡路でもそこそこ釣れて結果的に13匹ほど釣って帰りました。

 

副院長はその夜必死に魚をさばいてくれていて

 

昔、魚を釣って帰ると母親が嫌な顔をしていたことを思いだしました。

 

それだけ魚の処理は大変みたいですね。

 

私は釣るのと食べるのが専門です。 

 


はじめは娘との釣りは心配な気持ちもありましたが結果的にはとても楽しい時間でした。

 

 

私の脳内の幸せホルモンもドバっと出たようです。

 

 

また娘との時間も大切にしていこうと再確認しました。

 

 

 

さて前ふりが長くなりましたが今日はセロトニンのお話です。

 

 

自律神経失調症では切り離せないホルモンそれがセロトニンです。

 

 

 

主に腸や脳の中で機能すると言われています。

 

 

そのセロトニンは脳内では調整役をになっていて脳内で暴れるアドレナリン(ノルアドレナリン) などの制御にも関わると言われています。

 

 

心療内科でのうつの治療でもセロトニンの関係のコントロールをする働きの薬が今では主流の治療になっているようです。

 

 

もちろん薬での治療もダメだとは言いません。

 

 

でも自分でも多少ならコントロールできるようになるのがセロトニン!

 

 

特に有効なのはリズム運動!

 

 

一定のリズムでの運動はセロトニン分泌に有効です。

 

 

当院でも自律神経失調症やうつで困っている方である程度体が回復して意欲が出てくる頃には散歩なんかをオススメしています。

 

 

もちろん外出するにも辛い時には無理にオススメしていません。

 

 

 

散歩をし始めると患者さんでも心地いい~とか

 

最近気分が良くなりました。

 

 

なんて声を聞くようになってきます。

 

 

そうなると回復はまたさらに進んでいきます。

 

 

その反対に運動でも筋トレ系の運動をすると体調を悪化させる方が増えてきます。

 

 

 

筋肉を収縮させる力を使いすぎて体がどんどんこわばります。

 

 

筋肉を使って発散することは大切なことです。

 

 

ただ疲労の残り方がよろしくないので筋トレをするなら最後は有酸素運動やストレッチをいれることは必須にするようにしてください。

 

 

 

当院では自律神経失調症の方には施術の際に脳活性療法という施術を取り入れています。

 

 

 

それは優しい刺激で脳に刺激を送り脳内のα波を出すための施術です。

 

 

具体的にはαⅡ(アルファ―ツー)という脳波が出やすくなります。

 

そのαⅡはセロトニンを分泌させてくれます。

 

 

それにより施術によりセロトニン分泌を促すわけです。

 

 

セロトニンの分泌が上手くいけば自律神経の問題も改善しやすくなります。

 

 

どんどん気温が下がってきています。

 

 

季節の変わり目は自律神経の乱れを感じやすい季節!

 

そして冬は交感神経を刺激しやすくなる季節です。

 

しっかり体を整えて元気な冬を迎えましょう!!

 

 

ではでは今日はこの辺で~

 

 

明日は朝から活動的に休日を活かそうと思っている院長 菊野

 

 

秋もガンガン走り切ります!! 

 

 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  |  149  |  150  |  151  |  152  |  153  |  154  |  155  |  156  |  157  |  158  |  159  |  160  |  161  |  162  |  163  |  164  |  165  |  166  |  167  |  168  |  169  |  170  |  171  |  172  |  173  |  174  |  175  |  176  |  177  |  178  |  179  |  180  |  181  |  182  |  183  |  184  |  185  |  186  |  187  |  188  |  189  |  190  |  191  |  192  |  193  |  194  |  195  |  196  |  197  |  198  |  199  |  200  |  201  | All pages
簡単ネット予約
患者様の声
自律神経に関する豆知識
症状別メニュー

治療について

写真:腰痛 肩こり 膝痛 耳つぼダイエット セルライト除去 明石市 大久保 きくの鍼灸整体院
〒674-0058
兵庫県明石市大久保町駅前2丁目5-2
ウィステリア弐番館103号
TEL:0120-355-378

患者様がお住まいの主なエリア

明石市大久保町大窪、明石市大久保町江井島、明石市大久保町高丘、明石市大久保町谷八木、明石市大久保町西島、明石市大久保町西脇、明石市大久保町福田、明石市大久保町松陰、明石市大久保町松陰新田、明石市大久保町緑が丘、明石市大久保町森田、明石市大久保町八木、明石市大久保町山手台、明石市大久保町ゆりのき通、明石市大久保町わかば、明石市魚住町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。

明石ダイエットサポート倶楽部