明石市 大久保町 整体 きくの鍼灸整体院には、明石市大久保町駅前をはじめ、明石市大久保町江井島、明石市大久保町高丘、明石市大久保町谷八木からも患者様がいらっしゃっています。

スタッフ紹介

院長 菊野 薫のプロフィール

菊野 薫(きくの かおる)
菊野 薫(きくの かおる)
プロフィール
名前:菊野 薫(きくの かおる)
出身:
神戸市 須磨区
資格鍼灸師 理学整体師 痩身セラピスト
担当:鍼灸 理学整体 耳つぼダイエット
趣味:本を読む事 友人と食事に行く事
お酒が飲めないので基本ソフトドリンクです
モットー
成れる最高の自分になる事!
患者さんへのメッセージ
本当の健康を手に入れていただくために当院を作りました。
今よりもっと元気な体を手に入れていただきたいと心より願っています。
免許証・認定書一覧
理学整体師認定書
はり師免許証
きゅう師免許証


菊野 薫 院長物語

副院長 菊野 涼子

菊野 涼子(きくの りょうこ)
菊野 涼子(きくの りょうこ)
プロフィール
名前:菊野 涼子(きくの りょうこ)
誕生日:3月18日
出身:長崎県佐世保市
資格:鍼灸師・痩身セラピスト
担当:鍼灸 美容部門 自律神経治療
趣味:おいしいクルミパン探し
(おいしいクルミパンがありましたら教えて下さい)
カフェめぐり

モットー
どのような道をどのように生きようと命いっぱいに
(あいだみつをさんの詩より)
とにかく元気、明るく、前向き。
患者さんへの一言
おかげさまで、患者さんを通じ遠くから来院される方も増えてきました。人と人のつながりで、つながる方がきくの鍼灸院によって元気でそして笑顔になれるよう私たちは頑張っています。
何かお体の事でお困りでしたらお気軽にご相談くださいね~
免許証・認定書一覧
はり師免許証 きゅう師免許証

自律身体療法プラ 自律身体療法マスタープログラム 自律身体療法アドバンスコース


藤本 千寿

藤本 千寿 (ふじもと ちず)
藤本 千寿 (ふじもと ちず)
プロフィール
名前:藤本 千寿 (ふじもと ちず)
誕生日:9月9日
出身:大阪泉南市出身 稲美町1在住
資格:痩身セラピスト
担当:メディカルセル 耳ツボダイエット
趣味:スヌーピーとムーミンの子物集め。
モットー
何事も楽しむ
患者さんへ一言
患者さんに少しでも喜んでいただけるように
心をこめて施術させていただきます。

きくの鍼灸整体院院長 菊野 薫が「治療の世界に入ったきっかけ」

●小・中学時代
小・中学時代
左が院長

はじめまして、きくの鍼灸院の院長菊野です。
私は6歳下の弟と四人家族の中で育ちました。
小さい時の私はどちらかといえば引っ込み思案で自分自身を表現するのは得意ではなかったような気がします。そんな話を患者さんにすると嘘だ~なんていわれますが(笑)
今でも母親と昔の話をすると「よく保育園に連れていくと泣いて私は仕事に行くことがつらかったわ~」なんて言われます。泣き虫でもありました。

そんな泣き虫で引っ込み思案だった私を大きく変えるきっかけがありました。
それはサッカーとの出会いです。
小学校の一年生の時に近所の友達と一緒にサッカーをして遊んだのがきっかけでサッカー部に入ることになりました。
土曜日には学校が終わって家に帰ってご飯を食べながら吉本新喜劇を見てそれからから公文(くもん)にいって終わったら近くの公園にサッカーを習いに行くという生活がスタートしました。
それが私を大きく変えてくれました。
サッカーをきっかけに自分自身に自信がついたのかもしれません。
それからは毎日のように日が暮れるまでサッカーや野球などをしながら遊んでいました。
引っ込み思案だった少年だった私が積極的な少年に変わっていきました。

初めての治療院

ある日友達とサッカーをしている時に足首を捻挫してしまいました。
あまりにも痛すぎて歩くこともできなくなってしまい友達が私の母親を呼んできてくれてそこから母親に負ぶわれながら近所にあった治療院に行きました。
初めての治療院です。
足がすごく痛くて不安いっぱいの少年の私を先生はやさしく治療してくれました。

そのお陰で捻挫もすぐ治りにまた走り回れるようになりました。

中学生にあがるころにはサッカーに対する思いがドンドンつよくなり
高校では全国大会を目指してサッカー漬けの日々がスタートしました。

●高校時代
高校時代
黄色の服が院長

高校に入るとサッカー部の部員が100人以上いました。その中で激しいレギュラー争いがありました。
高校サッカーになると選手同士のコンタクト(接触)が増えるのでどうしてもケガが付きまといます。
ケガをするとそれだけで試合に出るチャンスを逃すのでケガをしても練習を休むことができませんでした。
普通のケガであれば安静にしていれば治るのですが、練習を休まない中でケガを治したい私にとって治療は欠かせない存在でした。

ひどい時には痛み止めの注射を打って試合に出ることもありました。

私の周りにはケガがきっかけで高校でのサッカー人生を棒に振るような仲間もたくさんいました。
サッカーがすべて!そんな学生時代の選手たちには本当につらいことだったと思います。
卒業後はそんなスポーツをして困っている人をサポートする仕事がしたい! そんな思いで鍼灸学校の扉をたたきました。

●鍼灸の道 仲間 恩師との出会い
患者様の本当の健康を 一番に考えた治療を 行います!

ずっと体を動かし続け体を鍛え続けていた生活から勉強に切り替わった時は大変でした。
今思うと鍼灸学校にいくまでは脳みそまで筋肉でできているような生活だったので(笑)。
その鍼灸学校で大きな出会いがありました。
鍼灸という同じ道を歩んでいる仲間と尊敬できる恩師との出会いです。
今の私の鍼灸治療の柱にしている治療法を伝授してくれた恩師とその技術を一緒に極めようとしている仲間の存在は本当に大きいです。
私の師事している恩師は兵庫県でスポーツ疾患はこの先生の右に出るものはないというような方です。
その恩師も現在ではスポーツ疾患以外の内科疾患なども治療されています。
私もその影響を受けて様々な疾患の勉強をするようになりました。
そしてスポーツ疾患以外の症状の治療も数多くできるようになりました。

さらなる可能性を求めて

鍼灸治療を続けていく中で患者さんの症状によっては鍼灸治療があまり効果を示さない事がありました。そこで求めた治療法が耳つぼダイエットそして理学整体です。
耳つぼダイエットでは生活習慣病(糖尿病や高血圧)の予防や改善ができるようになり
理学整体ではヘルニア 脊柱管狭窄症の症状の改善が格段に速くなりました。
鍼灸治療、にプラスして理学整体そして耳つぼダイエットという治療法を学んだお陰で私の治療家としての幅がものすごく広がりました。

これからの展望

私には目標があります。
それは地域で一番たくさんのありがとうと笑顔を集める事です。
鍼灸師になって間もないころ一人の年配の患者さんを治療した時に笑顔で「先生ありがとう!ずいぶんよくなったわ~」と言ってもらったことがあります。
そのありがとうという五文字の言葉と患者さんの笑顔が今でも忘れられません。
開業してから今までもその笑顔とありがとうの言葉を目標にして診療を続けてきました。
そしてこれからもその笑顔とありがとうの言葉が頂けるように患者さん一人ひとりにハイレベルな治療を提供しながらさらに治療技術の研鑽をして日々の診療に精進していこうと思っています。
長々と読んでいただきありがとうございました。

院長 菊野 薫

副院長 菊野 涼子が「治療の世界に入ったきっかけ」

●菊野 涼子の鍼灸との出会い
右副院長とおばあちゃん 幼少期
おばあちゃんと右副院長(幼少期)

私は、ハウステンボスで有名な長崎の佐世保という町で育ちました。
海と山の中で育ち、自然の空気をたくさん吸ったおかげで小さいときから元気がとりえです。

私は、小さいときから祖母が自分自身にやっていたお灸をみてきました。
最初は、なんでこんなに煙い物をするのかと不思議でした。
たまに、私が鼻をグズグズさせていたりすると、祖母がお灸をしてくれる事もありました。

なんでも祖母は10代の頃にかなりの大病を患ったそうで、お医者さんにも見離されて途方にくれていた時に藁をもすがる思いで出会ったのが「鍼灸治療」だったそうです。

それから約70年経ち、その間にも原爆に被爆しました。
その祖母が、今では元気な88歳になりました。
今でもそんな祖母の家に行くと、懐かしい匂いを感じます。
それはお灸のにおいだったんだと、今この仕事をしてわかります。

今はそんな懐かしい匂いや祖母の手の温もりも、年に1回長崎に帰ったときにしか味わえません。
ですので、月一回なるべく声を聞くために電話をしています。

電話で私が祖母の体調を心配すると、「元気にしとる!痛かところはなかと。」といいます。
ときどき、体調管理のために近所の鍼灸院に通っている事も教えてくれます。
遠くに住んでいる祖母が元気に過ごしてくれている事は私にとってとても嬉しい事ですし、
鍼灸治療を受けている事も嬉しい事です。

副院長とおばあちゃん
副院長とおばあちゃん
そしていつも、電話で患者さんたちを心配します。
「患者さんはどがんね?」と。
きっと、体調が悪く、痛くつらい思いをしてきた祖母ですので鍼とお灸で、
良くなって欲しいと願っているんだと思います。

鍼灸の道にすすんだのも、祖母のように体調が悪く困っている人のために、
元気で過ごしてほしい、そして元気で長生きをしてほしいというのがきっかけです。

手を触れる事の大切さ、
手当て
と言われる「本当の治療」をすることがいかにとても大切かというのも知っています。
祖母が私にお灸をしてくれたぬくもり、そこには祖母の愛情(想い)がこもっていたと思います。

元気が取り柄だったのも、山や海に囲まれて育った以外に
本当は祖母の優しさからなるお灸の力もあったのかもしれません。

 

患者さんの喜びの為に、より多くの人に鍼灸の良さを知って頂く為
そして、祖母に喜んでもらうためにもこれからも頑張っていきます。

副院長 菊野 涼子

患者様の声
自律神経に関する豆知識
症状別メニュー

治療について

写真:腰痛 肩こり 膝痛 耳つぼダイエット セルライト除去 明石市 大久保 きくの鍼灸整体院
〒674-0058
兵庫県明石市大久保町駅前2丁目5-2
ウィステリア弐番館103号
TEL:0120-355-378

患者様がお住まいの主なエリア

明石市大久保町大窪、明石市大久保町江井島、明石市大久保町高丘、明石市大久保町谷八木、明石市大久保町西島、明石市大久保町西脇、明石市大久保町福田、明石市大久保町松陰、明石市大久保町松陰新田、明石市大久保町緑が丘、明石市大久保町森田、明石市大久保町八木、明石市大久保町山手台、明石市大久保町ゆりのき通、明石市大久保町わかば、明石市魚住町

上記以外の地域からも沢山の患者様が来院されています。お気軽にお越しください。

明石ダイエットサポート倶楽部